買取販売のAtoZ、
不動産コンサルタントは
株式会社AZURE(アズール)まで

New Column

efd25009810157d72a8ab851d1d07ffa_s

サブリース契約のトラブルが増加!?

img1

いつまで続くの?!渋谷再開発

6dac1d501cf76a437721ce18b6e36ef3_s

住みたい街ランキングに異変!?

8f0de7b5da83a0045c62fce048f8f575_s

東京圏は13万9868人の転入超過

Category

    不動産売買

    不動産投資

    保険

    再開発

    民泊

    飲食店舗

国土交通省が住宅宿泊事業に伴う「マンション標準管理規約」を改正

  • 不動産投資民泊
  • 2017.09.10
KUKO_0I9A2745_TP_V

民泊の「可能または禁止」明記 マンションオーナーは確認を。

 8月29日に国土交通省は本年6月に住宅宿泊事業法が成立したことを踏まえ、分譲マンションにおける住宅宿泊事業の実施を可能とする場合及び禁止する場合の規定例を示す「マンション標準管理規約」の改正を行った。

 

住宅宿泊事業法が成立し、今後、分譲マンションにおいても住宅宿泊事業(いわゆる民泊)が実施され得ることとなるが、分譲マンションにおける住宅宿泊事業をめぐるトラブルの防止のためには、住宅宿泊事業を許容するか否かについて、あらかじめマンション管理組合において、区分所有者間でよく御議論いただき、その結果を踏まえて、住宅宿泊事業を許容するか否かを管理規約上明確化しておくことが望ましいものと考えらる。

このため、国土交通省では、マンション管理規約のひな型である「マンション標準管理規約」を改正し、住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を示すこととした。

 

改正の概要としては、専有部分の用途を定める第12条を改正し、住宅宿泊事業法に基づく住宅宿泊事業を可能とする場合と禁止する場合の双方の規定例を示しました。

また、「マンション標準管理規約コメント」(解説)において、住宅宿泊事業のうち、住宅宿泊事業者が同じマンション内に居住している等のいわゆる家主居住型のみ可能とする場合等の規定例を示すなど関連の留意事項も示した。

 

ワンルームマンション投資を行っているオーナーで民泊を検討している場合は、不要なトラブルを避けるためにも所有しているマンションの管理規約ではどうなっているのか、今後どのような規定をしていくのか今一度確認しておくべきだろう。