買取販売のAtoZ、
不動産コンサルタントは
株式会社AZURE(アズール)まで

New Column

6f1cdd9b1c124cae796fae3c8ac8d507_s

国土交通省が不動産業ビジョン2030を発・・・

efd25009810157d72a8ab851d1d07ffa_s

サブリース契約のトラブルが増加!?

img1

いつまで続くの?!渋谷再開発

6dac1d501cf76a437721ce18b6e36ef3_s

住みたい街ランキングに異変!?

Category

    不動産売買

    不動産投資

    保険

    再開発

    民泊

    飲食店舗

住みたい街ランキングに異変!?

  • 不動産投資
  • 2019.03.11
6dac1d501cf76a437721ce18b6e36ef3_s

埼玉エリアの人気が急上昇!?不動産投資への影響は?

 

不動産情報サイトのSUUMOが住みたい街ランキング2019を発表した。

関東の総合ランキングは以下のようになっている。

1位 横浜

2位 恵比寿

3位 吉祥寺

4位 大宮

5位 新宿

6位 品川

7位 目黒

8位 浦和

9位 武蔵小杉

10位 鎌倉

 

昨年のランキングから「大宮」が9位から4位、「浦和」が10位から8位へと上がっている。このランキングだけをみて今後は埼玉エリアの不動産も投資用として買いだと判断していいのだろうか。同じくSUUMOで賃料相場を調べてみると、さいたま市大宮区の1Kタイプの賃料相場は6.1万円、それに比べて渋谷区の1Kタイプの賃料相場は9.5万円と3万円以上の差がある。同じ1Kタイプのマンションでも賃料はやはり都内のほうが当然に高い。

さらにワンルームマンションであれば賃料相場や空室率など様々な条件から埼玉の物件は金融機関の評価はいまだ低く希望額の融資は受けづらいのが現状だ。

同じ融資を組んで同じだけの利回りで運用していくなら賃料が高く空室リスクも少ない都内の物件を選択したほうがやはり良いだろう。